英語の勉強は発音からのページでも述べましたように、 多くの英語の音は日本語にはありません。 母国語にない発音をマスターするためには、聞いて真似るだけでは不十分で、 テニスやゴルフで正しいフォームを身につけるように、口の開き方や舌の位置を確認しながら英語の音の出し方をマスターする必要があります。 回を追って英語の音を出す際の口の開き方や舌の位置について解説しますが、

まずは英語の口の基本形を習得しましょう!

テニスでは、まず最初に「構え」を学びます。 構え → スイング → 構えがテニスの基本であり、構えがしっかりしていないと次のアクションにスムーズに移れません。 英語の口も基本形があります。英語の口も基本形をしっかりマスターしていると、「v」「w」「f」などの英語の子音がスムーズに出せるようになります。

英語の口の基本形ってどんな形?

一言で言うと アヒル口です。

「にこっ」と笑う際に、唇の回りに軽く力を入れます。それと同様に、口の両端を少し上げて、唇を気持ちだけ突き出した形です。 ちまみにその時の舌は、日本語のか行を発音したときのように、舌先を楽にした状態となります。

Yumi's English Boot Camp のYumiさんは、Youtubeで アヒル口の作り方について簡潔に説明されています。


どうやって習得するの?

英語の口の基本形は、日本語と異なります。また、日本語は唇の回りの筋肉をあまり使わないため、無意識にできるものではありません。 兎にも角にも、自分の口がアヒル口になっているかを意識して英語を話し、英語の口の基本形で話す習慣にすることです。

尚、Discovering Soundsの富田大輔さんは、 ネイティブが英語を話す時に使う口の周りなどの筋肉を知り、鍛えることで、正しい英語の発音ができるようになるというコンセプトの基、 「アヒル口体操」というものを開発され、書籍も出版されているようです。Youtube上でも解説されていますので、口の筋トレをしてみるのも良いかもしれません。

館長からのコメント

発音を習得する際は、鏡をみて自分の口の形が正しいか確認しながら進めるのが効果的です。 今は、Youtubeで発音のお手本となる動画もたくさんありますので、是非活用したいですね。 このサイトでも可能限りYoutubeの動画を紹介したいと思います。