絶対に!発音から英語の勉強は始めるべき


大げさに聞こえるかもしれませんが、

日本人の英語下手の最大の理由は、まず最初に発音をしっかり習得しないからです。

実は、多くの日本人が軽視している「発音」が、英語を大きく向上させる秘訣です。 そのため、カナダ留学前、何よりも先に発音を磨いてください。 そうすることで、留学での英語の伸びが大きく違ってきます。

一応、中学校で発音は習いましたが・・・

中学英語で多くの方が習ったのは、英語というよりカタカナ英語の発音です。 多くの英語の音は日本語にはありません(「v」,「f」,「th」だけではありません)。 そのため、テニスやゴルフで正しいフォームを身につけるように、口の開き方や舌の位置を確認しながら英語の音の出し方をマスターしなければなりません。 残念ながら、受験に必要ないため、日本の学校ではそのレベルの指導に十分な時間はとらないのが現状です。 でも、安心してください。英語の音の数は限られていますので、比較的に短期間で通じる発音の習得は可能です。

発音は、ネイティブっぽく話したい人だけ必要なのでは?

まず最初に、「ネイティブっぽく」話す必要は全くありません。ネイティブ・スピーカーに「通じる」英語が話せることが何よりも大切です。 通じる英語を話せるようになるためには、発音のトレーニングをし日本語にない音を発することができるようになる必要があります。

次に、発音はスピーキング向上だけでなく、リスニング向上に必須です。なぜなら、自分が発音できない音は、聞き取りが非常に困難になるためです。 逆に、何回聞いても聞き取れない英語の音は、口の開き方や舌の位置を確認しながら自分で発音できるようになると、不思議と聞こえない音が聞こえるようになってきます。

なんで最初なの?

言語とは「音」なんです。文字は音を記録しているにすぎません。 赤ちゃんはお母さんがしゃべる、「音」を聞き、「音」から言語を学びます。 言語習得において最初に「音」つまり発音を学ぶことは極々自然なことです。

結局、英語習得とは、「意味・概念」と「音」をリンクさせ、その「音」をどんどん脳に蓄積していく作業です。 そして、蓄積された「音」をすぐに脳から取り出せるようにすることです。

もし最初に発音を習得しないと、せっかく英語を勉強しても、脳に蓄積されるのは、ネイティブ・スピーカーには通じない「音」です。 そのような状態では、ネイティブ・スピーカーが話す「音」を認識できません(つまり、リスニングができません)。 なぜなら、脳にある「音」とは明らかに違うので、脳がマッチングできないのです。 また、一度蓄積された「音」を修正するのは大変な作業なため、発音から英語の勉強しないと明らかに効率が悪いです。

館長からのコメント

今は日本でも発音に関する良い教材がそろっており、日本で十分に習得可能です。 また、発音に関する細かい説明は、カナダで英語で学ぶより、日本語で学んだ方が、理解し易いと思いますよ。