あなたにとって、「L」と「R」では、どちらの発音が難しいですか?

私は、英語を習い始めた時、「L」の発音は日本語の「ら」行の発音と同じなので簡単。 しかし「R」の発音は「ら」行の音になってしまうから、日本人には難しいと思い込んでました。

しかし、この思い込みがとんだ間違いで、今は、「L」の発音の方が結構深いな~と思っています。

もし、「R」の発音が難しいと答えた場合は、昔の私のように「L」の深さに気がついてないのかもしれませんね。 その場合、これから述べる「L」の発音の解説が役立つと思います。

「L」ってどうやって発音するの?

「L」の発音は、舌の先を上の前歯の付け根あたり(前歯の裏でもOK)に持って行き少しグッと押しながら、舌の両側から息を出しながら発音します。

「L」は、有声音ですので、声帯が振動させながら発音します。 つまり、のどに手を当てて、のどが振動していればOKです。

上記のように発音してみると、唸り声みたいな音がでると思います。これが「L」の発音です。 この唸り声のような音をしっかり出すことがポイントです。

ジャズヴォーカリストの川本睦子さんは、下の動画で、「L」の発音について分かりやすく解説しています。

先ほど、唸り声のような音をしっかり出すことがポイントと述べましたが、この動画では、Lは最初の「タメ」が大事!と表現されています。

また、上の動画では”明るい「L」”と”暗い「L」”についても解説されています。

明るい「L」と暗い「L」って何?

明るい「L」は、上で解説したように発音する「L」です。英語では、"Light L" または、"Clear L"といいます。 下の例のように、「L」の後に母音が来ている場合は、この明るい「L」で発音します。

明るい「L」で発音する例 : color, English, hello, later, love, lost, play

しかし、「L」が語尾に来ているか、「L」の後に子音が続く場合は、上記とは違う発音をします。 これを暗い「L」といいます(英語では"Dark L"といいます)。下が、暗い「L」で発音する例です。

暗い「L」で発音する例 : all, almost, bottle, circle, idle, girl, milk, people

ちなみに、語尾が”le”の場合、最後の”e”は発音しないため、「L」の音が最後に来ていることになります。

発音記号では、明るい「L」も暗い「L」も同じように表記しますが、違う音です。 日本の学校では、明るい「L」の発音しか教えません。 そのため、全ての「L」を明るい「L」で聴き取ろうとして「L」の音が聴き取れなかったりします。 また、全ての「L」を明るい「L」で発音しようとすると、ネイティブスピーカーの発音から程遠いものになります。

暗い「L」(Dark L)ってどうやって発音するの?

暗い「L」は曲者です。まず、日本人にとっては音自体が曖昧です。そして、一番困るのは人によって発音の仕方の解説が違うことです。 明るい「L」のように、舌の先を上の前歯の付け根あたりに付けるという人もいれば、どこにも付けないという人もいます。

その中で、英語になりますが、下のRachelさんの解説が一番理にかなっていると思うので紹介します。

上の動画の説明にもあるように、暗い「L」は、2部構成になっています。

  • まず、母音のような発音をして
  • 舌を明るい「L」と同じく、上の前歯の付け根あたりにつけて終わります。

の母音のような発音は、次の図のように、 舌の後ろに引き、舌の真ん中あたり上に持ち上げるようにして音を出します。 その時、口は、少しだけ丸くなります。 舌がどこにも触れていないため、「ウ~」みたいな音になります。

そして、最後に舌を上歯茎につけるのですが、Rachelさんは下の別の動画で、 これを行う人もいればしない人もいると述べてます。つまり、省略可能です。

上で、暗い「L」は、舌の先を上の前歯の付け根あたりに付けると解説する人もいれば、付けないという人もいると書きましたが、 結局、どちらでも良いということです。

ただ、Rachelさんは、下の動画で、英語学習者は暗い「L」の最後は、上歯茎に舌を付けて終わったほうが良いと述べています。

これは同意見です。ネイティブスピーカーは、語尾が「L」の単語の後に母音のから始まる単語かきた場合、 語尾の「L」と母音がくっついて(リエゾンといいます)明るい「L」で発音します。 暗い「L」を、上歯茎に舌を付けて終わらせる癖をつけると、無意識にこのリエゾンができると思います。

「ら」行の発音との違いは何?

「ラ行」の発音は、上あご(「L」の場合より少し後)に付けた舌先を上あごから勢いよく離して(はじいて)音を出します。 「L」は、舌を弾いて発音するわけではないので、子音のみで "LLLLLLL..."と同じ音を出し続けることができます。 逆に言えば、そうできないのなら間違った発音をしていることになります。

「L」の発音は、最後に舌を勢いよく離さないことがポイントです。 勢いよく離す、つまり、下をはじいてしまうと「ら行」の音になってしまいます。 そのため、リラックスしてやさしく離すことを心がけると良いと思います。

「ラ行」に聞こえるからといって、「L」を「ラ行」で発音すると、カナダ人やアメリカ人には、予想外にも「t」や「d」に聞こえてしまうことがあります。 母音にはさまれた「t」や「d」を発音するときの音が、 「ラ行」の音に似ている場合があるためです。 たとえば、get outは母音の「e」と「ou」にはさまれて「t」が「ラ行」のようになってゲラゥㇳのように発音します。

館長からのコメント

Rachelさんの動画でも触れていましたが、 舌先を上前歯の付け根につけないで、歯で挟んでも明るい「L」の音が出せます(その場合も舌の両側から息を出しながら発音)。 もし、舌先を前歯の付け根あたりにつけての発音が難しい場合は、試してみてくださいね。