「R」を発音するとき、舌を巻くと思いますか?

私は、最初、学校での教えに従って、舌を巻いて「R」を発音していました。 この発音方法でもあの犬の唸り声ような「R」の音はでるんです。 しかし、単語の頭の「R」を発音する場合は良いのですが、そうでない場合や早く話す場合は大変です。 高速に舌を巻いて、伸ばして、次の巻いてと、とても人間でできる技とは思えません。

じゃあ、「R」ってどうやって発音するの?

まず、舌を巻かないことです。

舌の先がどこにも当たらず、奥に引っ込める感じです。そうすると、舌の後部は上にあがり、舌は横に広がるため舌の奥歯にあたると思います。 そして、のどを振動させて、犬の唸り声のような音を出します。

日本人は、気づけば「ラ」行の音を発音しがちなので、「舌を弾いたらRじゃない」、「RRRRRと連続して言えなければRじゃない」と常に心に留めておいてください。

口の形は、英語の口の基本形であるアヒル口のままで大丈夫です。 ただ、単語の頭に「R」が来る場合は、口の形が違うので注意が必要です。

単語の頭に「R」が来る場合はどうするの?

単語の頭の「R」を発音する場合は、唇を丸めて少し突き出します。つまり、「W」を発音するような感じです。

唇を丸めるプロセスがあることにより、小さい音で「ゥ」という音が追加されます。「Right」は、「ゥRight」という感じです。 「R」の発音がネイティブ・スピーカーに通じない場合、この小さな「ゥ」をつければ、通じやすくなったというのはよくある話です。 このように口を丸めて「ゥ」を付けて発音していきえば、ネイティブ・スピーカーの言っているRの前に「ゥ」が聞こえるようになってくるかと思います。

ただし、これは単語の先頭が「R」の時だけなので注意してくださいね。

尚、「R」の発音については、 Yumi's English Boot Camp のYumiさんが、Youtubeで アヒル口の作り方について上手に説明されています。「R」の発音が苦手な方は必見です。

館長からのコメント

「R」と「L」との区別は、日本人にとっては非常に難しいのです。しかし、きちんと習得しないととんでもない誤解を招くことがあります。 Rice(お米)の「R」を「L」のように発音してしまうと、 「We eat rice(私たちはお米をたべます)」が「We eat lice(私たちはシラミをたべます)」となってしまうというのは有名なお話ですね。