カナダ現地に銀行口座を開き、ご家族の方に海外送金してもらう場合、自分の銀行口座に関する情報を伝える必要があります。 海外送金に必要な情報は、口座番号だけでなく、支店番号やSWIFTコードなどいろいろな情報があり、どれが必要か、 また、どこでその情報を入手できるかなど、最初は悩むことも多いです。

でも安心してください。ここで、海外送金に必要な情報や入手方法などをお伝えしていきますね。

送金する際に必要な情報って何?

カナダへ海外送金する際、受取人の情報と受取銀行の情報が必要になります。

受取人の情報

  • 受取人名(口座名義)
  • 受取人の住所・国名
  • 口座番号(Account Number)

銀行によって異なりますが、口座番号は7桁の場合が多いです。 尚、カナダの5大銀行の口座番号の桁数は次の通りです。

銀行 桁数
RBC 7桁
TD Canada Trust 7桁
CIBC 7桁
Scotiabank 7桁 or 12桁
BMO 7桁

口座番号は、銀行番号や支店番号など合わせて表記される場合がありますが(その場合ハイフン等で句切られる)、 送金の際、口座番号欄に入力するのは、通常、銀行番号等を含まない番号です。 尚、口座番号は、キャッシュカードに書かれている番号ではないので注意してください。

また、稀に口座番号が6桁の場合があります。海外送金の申し込み用紙等に必ず7桁を記入する必要がある場合は、頭にゼロをつければ大丈夫です。 (例) 123456 は 0123456

受取銀行の情報

必要な情報は、送金する銀行によって異なりますが、通常、以下の情報が必要となります。

  • 受取銀行名・支店名
  • 受取銀行の支店住所(都市名・州・国名も)
  • 銀行番号( Bank / Institution Number)
  • 支店番号(Transit Number)
  • スイフトコード(SWIFT Code)
銀行 銀行番号 SWIFTコード
RBC 003 ROYCCAT2
TD 004 TDOMCATTTOR
CIBC 010 CIBCCATT
Scotiabank 002 NOSCCATTXXX
BMO 001 BOFMCAM2

銀行の支店名や住所は、小切手をお持ちの場合、小切手に記載されていますし、各銀行のWebサイトの「Branch Locator」(住所や郵便番号を入力して最寄りの支店を探すサービス)等で調べることができます。

銀行番号は、各銀行に割り当てられた3桁の番号です。5大銀行の銀行番号は、上の表の通りです。支店番号は、5桁の番号となります。 また、支店番号(Transit Number)は、銀行番号を後ろに追加して、「12345-123」のように表記されている場合もあります(後3桁は銀行番号)。

SWIFTコードは、相手方の銀行を特定するために用いられる金融機関識別コードで、現在、8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されています。 日本から送金する場合に使われるSWIFTコードは上の表の通りです。

自分の口座番号や支店番号を知らないんだけど?

口座をお持ちの銀行の窓口などでも確認できますが、小切手をお持ちの場合は、小切手の下に記載されている番号を見れば、一発で分かります。 下はTD Canada Trustの例です。

TD Canada Trustは、少し特殊で、口座番号と銀行番号の間に、「Designation Number」という4桁の番号が入ります。 他の銀行の場合は、通常、「Designation Number」はなく、次の順番で記載されています。

小切手番号(3桁) 支店番号(5桁) 銀行番号(3桁) 口座番号

オンラインバンキングをご利用の場合は、通常、オンラインバンキング上でも口座番号や支店番号は確認できます。

支店番号が4桁なんだけど?

小切手をお持ちでない場合、通常、オンライン・バンキングにログインして、自分の支店番号と口座番号が確認できます。 しかし、TD Canada Trustは、オンラインバンキング上では、「1234 1234567」というように、支店番号4桁、口座番号7桁で表示されており、5桁の支店番号がわかりません。 Webサイトの「Branch Locator」で探しても、支店番号は4桁表記なので困ってしまう場合があります。

その場合は、4桁の支店番号の後に、5桁目を追加します。5桁目は支店の場所によって異なり、次の表の通りです。

例えば、バンクーバーのTORONTO DOMINION TOWER BRANCH (以下、TD Tower支店)の場合、4桁の支店番号(9400)の後に、ゼロを足し、『94000』 が5桁の支店番号となります。

その他のエリアは、TD Canada Trustのページよりご確認ください。

支店の場所 5桁目
バンクーバー・ビクトリア 0
モントリオール 1
トロント 2
オタワ 6
カルガリー 9

送金の際、銀行コード欄ってどう入力するの?

次は、送金する側の話になります。送金の際、受取銀行の情報の入力する必要があるのですが、入力方法が送金側の銀行によって異なります。 特に、銀行コードの欄は、3桁の銀行番号のみを記入するのではなく、5桁の支店番号と組わせて記入します。 その組み合わせ方法が銀行によって異なるので注意が必要です。

楽天銀行の場合

銀行コード欄には、銀行番号と支店番号から構成される9桁の"Routing Number"を入力します。Routing Numberは次の通りです。

0 + 123 (銀行番号) + 12345 (支店番号)

例えば、バンクーバーのTD Tower支店の場合は、『000494000』となります。

ゆうちょ銀行の場合

受取銀行の銀行番号(3桁)、支店番号(5桁)を入力します。楽天銀行銀行のように頭のゼロを付ける必要はありません。

例えば、バンクーバーのTD Tower支店の場合は、『00494000』となります。

新生銀行Goレミットの場合

銀行コード欄は、カナダ(Transit Number)の場所に『支店番号(5桁) - 銀行番号(3桁)』 と記入します。ゆうちょ銀行番号と異なり、支店番号を先に記入します。

例えば、バンクーバーのTD Tower支店の場合は、『94000-004』となります。尚、IBANはヨーロッパの銀行用のコードなので記入は不要です。

館長からのコメント

分からないことがあれば、銀行の方に聞くの一番です。 ただ、受付担当者によっては、送金業務の知識・経験が乏しい場合もあります。 これは海外送金の取扱件数が少ない、比較的に小さい郵便局(ゆうちょ銀行)によく見られます。 もし、必要な情報の記入し、必要書類も提示したにもかかわらず、送金手続きが進まない場合は、 担当者を変わってもらうか、または取扱件数の多い大きめの郵便局に行った方がよいです。