突然ですが、質問です。
あなたは、1年以上日本を離れる予定ですか?


答えが「いいえ」の場合、このページは読まなくても大丈夫です。

答えが「はい」、つまり1年以上日本を離れる場合は、必ず、国外転出届(海外転出届)の提出を検討してください。
なぜなら、これを提出することによって住民税、健康保健、年金を払う必要がなくなります

そもそも、国外転出届って何?

国外転出届とは、海外に行くので「住民票を抜く」ために各市町村の役所へ提出する書類です。

住民票はあなたの住居を証明するものであり、現住所の市区町村に届けらています。 住民票は、日本を離れる場合、各市町村の役所に「国外転出届」を提出し、 「抜く」ことができます。
住民票をそのままにすると、年金・健康保険の保険料や住民税の支払い義務が継続して発生し、 カナダ滞在中も税金や保険料を毎月支払う必要があります。 しかし、住民票を抜くと非居住者として扱われ、これらの義務がなくなります。 そのため、ワーキングホリデーや1年以上の長期留学の場合、 住民票を抜いてから、カナダへ渡航した方が良い場合が多いです。

手続き方法は、各市町村の役所によって異なる事がありますので、届出の前に 役所に確認した方が良いですね。 一般に、渡航先の詳細な情報などは必要なく簡単に終わります。

提出せずにカナダに来ちゃった場合は?

国外転出届は、代理人による提出も可能(代理人が同一世帯の方以外の場合、委任状が必要)なため、 提出し忘れて既にカナダにいる場合は、家族の方にお願いすることもできます。

最後に、国保や住民税と異なり、年金に関しては、住民票を抜いたら払う必要はないけど払っても良いです。

なぜ・・・わざわざ払うんですか?

その話は少し長くなるのでまたの機会に

館長からのコメント

住民票を抜くと、怪我や病気の際、国民健康保険がききません(正確には、国保の海外治療費支給制度が利用できません)。 そのため、必ず海外旅行保険に加入しましょう!