海外で車を運転するために必要とされる国際運転免許証ですが、 これは短期滞在者向けで、長期にカナダに”居住”する人向けではないので注意が必要です。 詳しくはこれから説明していきますね。

そもそも国際運転免許証って何?

国際運転免許証は、カナダを含むジュネーブ条約加盟国で通用する運転免許証です。 道路交通法上は、「国外運転免許証」といい、英語では、「International Driving Permit (IDP)」といいます。

国際運転免許証は、日本の国内運転免許証を持っている人なら取得可能です。 国際運転免許証の有効期限は、発行から1年です。 尚、更新制度はありませんので、有効期限切れる場合は、古いのを返納して、新たな国際運転免許証を発行することになります。

国際運転免許証の有効期限内なら、何回海外に行かれてもそのたびに使用が可能です。 ただし、日本の免許が失効や取り消されたときは、国際運転免許証の有効期間内であってもその効力を失います。

国際運転免許証って必要?

結論から言うと、観光ビザの場合は、国際運転免許証を取得した方が良いです。 ワーキングホリデーや長期留学の場合は、国際運転免許証ではなく、カナダ現地の運転免許証に切替えた方が良いです。

というのも、一時滞在者(Visitor)ではなく、居住者(Resident)は、 カナダで車を運転する場合、バンクーバーのあるBC州では90日以内、トロントのあるオンタリオ州では60日以内に その州の運転免許証への切替えが必要だからです。

観光ビザの場合

観光ビザの場合は、一時滞在者(Visitor)ですので、現地の運転免許証への切替えは必要ありませんし、やろうとしても切替えができません。

よって、国際運転免許証が必要と思うかもしれません。しかし、実は、BC州なら6ヶ月、オンタリオ州なら3ヶ月以内なら、 国際運転免許証がなくても、日本の免許だけでも合法的に運転できちゃいます。

( ̄△ ̄;)エッ・・?

しかし、警察に提示を求められた場合や、レンタカーを借りる場合、ほとんどのカナダ人は、日本の運転免許証に書かれている内容が読めません。 そこで、英語で書かれた国際運転免許証が役立ちます

国際運転免許証でなくても、カナダ現地の免許センター認定の翻訳者による「翻訳証明」でも大丈夫です。 ただし、現地でいろいろ手続きするより、日本で国際運転免許証をとっておいた方が楽ですし、 他の国へ海外旅行する際も使えるので、国際運転免許証をとっておいた方が良いです。

尚、国際運転免許証は、それだけでは、運転免許証とはなりえず、あくまでも本来の運転免許証、つまり日本の運転免許証とセットで携帯する必要があります。 結局、国際運転免許証は単なる日本の運転免許証の翻訳ですね。

学生ビザやワーキングホリデーの場合

学生ビザやワーキングホリデーでカナダに長期滞在し、車を運転するかもしれないなら、 カナダ到着後、住所が決まったら、できるだけ早く現地の運転免許証に切替える方が良いです。

まず、前述のように、居住者は、BC州では90日以内、オンタリオ州では60日以内にその州の運転免許証に切替えが必要とされているため、切替えをしておいた方が確実です。 また、何より現地の運転免許証は、強力な政府公認のIDとなりますし、パスポートも持ち歩かなくて良くなります。

どうやって申請するの?

国際運転免許証は、住民票がある公安委員会の運転免許試験場か、運転免許センター、 県警本部の運転免許課で即日に交付が可能です。 交付まで2週間程度かかる場合がありますが、都道府県によっては警察署でも取得可能です。 申請は以下の書類を用意して申請場所に行き、窓口に備えつけてある申請書に必要事項を記入して提出します。 通常、申請書が置いてあるところに申請書の記入例があるので難しくはありません。

  • 日本の運転免許証
  • パスポート等、渡航を証明するもの
  • 国外免許用写真(縦5cm、横4cm、申請日前6か月以内に撮影し、無帽・正面・無背景で、胸から上が写っているもの)
  • 古い国外運転免許証をお持ちの方は、その国外運転免許証もお持ちください。
  • 手数料(2,400円)

尚、上記は東京都の場合です。申請方法について都道府県ごとに違いがある場合があるため、 最寄りの運転免許センター、警察署に問い合わせてくださいね。

館長からのコメント

日本の運転免許証の有効期限が1年未満の場合は、国際免許証の発行を受けることができない場合があります。 その場合、「更新期間前の更新手続き」を行い、日本の運転免許証を更新して、国際免許証を発行する形となります。