留学などでカナダに滞在するために必要なビザは、主に、観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデー(ワーホリ)・ビザの3つです。 簡単にいうと

短期なら「観光」、6ヶ月以上通学するなら「学生」、バイトもしたいなら「ワーホリ」

でカナダに入国することになります。 ここでは、各ビザについてもう少し詳しく説明しますね。

観光ビザって何?

海外旅行の際、入国審査の際、パスポートにスタンプを押されて入国しますよね。そうやって入国することを「観光ビザ」で入国したといいます。 ただ、「観光ビザ」というは日本人の中での通称であり、実際、そのようなビザはありません。 そもそも、カナダにとって日本はビザ免除国ですので、日本人がカナダに入国の際に、ビザ(入国許可証)自体必要ありません。 そのため、「ビザなし」とも言われます。 しかし、「観光ビザ」という言葉がとても一般的なので、このサイトでもそれに合わせますね。 ちなみに、「観光ビザ」ではなく、「ビジター(Visitor)」が正しい言い方です。

通常、観光、友人・親族訪問などでカナダに入国する場合は「観光ビザ」となり、通常最高6ヶ月まで滞在が認められます。 また、その期間内なら学校に通うことも許されています。 ただ、カナダ国内での就労はダメです。

滞在期間

自分の滞在可能期間はバスポートに押されたスタンプより確認できます。 ほとんど場合は、スタンプのみが押されており、このスタンプの日付から6ヶ月間が滞在可能です。 ただし、このスタンプの下に日付が書かれている場合は、この日付までが滞在可能期間となります。 最大6ヶ月滞在可能ですが、それ以降滞在したい場合は延長申請が必要となります。

取得条件

カナダ出国予定日+1日以上の有効期限がある日本のパスポートを所持していることが条件となります。 ただ、入国が許されるか否かは、入国審査官の判断に任されており、 不法就労や不法滞在の可能性があると判断されたら入国が許されません。 そのため、カナダ入国の際は、必ず帰りの航空券を提示してください。帰りの航空券がない場合は、帰りの航空券を買えるだけの資金を証明する残高証明等が必要です。

学生ビザって何?

学生ビザというのも通称で、正式には就学許可証 (Study Permit)です。 学生ビザは、基本的に6ヶ月以上カナダで学校に通う際に必要となるビザです。 もし6ヶ月を越えて勉強する予定であれば、たとえ最初のコースが6ヶ月以下であっても、学生ビザを申請することができます。 学生ビザを持っていれば、 カナダ国内で延長申請できますので便利です。 ただし、観光ビザでカナダに入国した場合は、カナダ国内で学生ビザの申請はできません。

滞在期間

学生ビザの有効期間内、カナダに滞在が可能です。また、有効期間内なら、学校を変えても大丈夫です。

取得条件

入学する学校から許可が得られていることが条件です。 また、銀行の残高証明書などで十分な留学資金(授業料以外で月1000ドルが目安)を証明する必要もあります。 ちなみに、ケベック州で勉強する場合は、学生ビザ申請前にCAQの取得が必要があります。

ワーキングホリデーって何?

ワーキングホリデーとは、日本とカナダの若者が互いに相手国の異なる文化の中で 最長1年間休暇を楽しみながら、 滞在費や旅行資金を補う手段として就労する事を認める制度です。 最長一年間のカナダで働く事ができます。また、6ヶ月間学校に通うことも可能です。

滞在期間

一年間です。その後、カナダに滞在したい場合は、他のビザに切替える必要があります。

取得条件

申請書受理の時点で18才以上30才以下の人(申請受理時に30才なら、入国時に31才でもOK)。 また、過去にカナダのワーキングホリデービザを取得したことがない人などの条件があります。

館長からのコメント

ワーキングホリデーは、大切なカードです。 学校にいかなくても1年滞在でき、現地雇用主のサポートがなくても就労ビザが取れてしまうというは、トランプで言えばワイルドカードです。 そのため、カナダで働く予定がなく、年齢的に 余裕がある場合は、 観光ビザか学生ビザを使い、 一回しか使えないワーキングホリデーは今後のために取っておくの良いかもしれませんね。